社交ダンス

今人気の社交ダンス

社交ダンス。
今や大人気ですね。

 

日本では映画「Shall we Dance?(シャル・ウィ・ダンス)」の影響もあって、この映画直後から社交ダンスが大ブームにもなりました。

 

「社交ダンス」の原義でである「Social Dance」とは、
元々「室内ダンス」の意味になります。

 

「Social Dance」を日本に導入する際、本来「室内ダンス」という意味ではなく、
「社交ダンス」と命名しています。
その後、日本では、社交や趣味的なダンスとして定着しています。

 

いわば間違ったニュアンスで日本に「Social Dance」が広まったのですが、
このお陰で庶民的かつ大衆的な踊りとして広がりを見せています。

 

 

実際、社交ダンスには、室内舞踏としての高度な技もいくつかあります。
ですから、最初抱いていたイージーさや気軽さのイメージと異なって、
奥が深く、高度なダンス技術が必要な世界であることを知って、
ここから社交ダンスにはまり込む方も少なくありません。

 

あらゆる趣味に言えることですが、間口は広く奥が深いものは、
そのファン人口を多くし、幅広い世代の愛好家とともに、
ヒエラルキーをも構築します。

 

社交ダンスとは、まさに趣味を代表とするスポーツでもあって、
年々、愛好家も増えていますい、競技も盛んになっています。

 

10日間で社交ダンスの基本が全部わかるレッスンDVD

 

競技系社交ダンスの二大潮流

社交ダンスには種類があり、競技向けのダンスとしては、イギリス系のダンスと、アメリカ系のダンスが二大潮流となっています。日本では、イギリス系の「インターナショナルスタイル」が盛んです。

 

こうしたメジャーな競技ダンス以外にも、

 

・サロンダンス
・クラブダンス
・ミロンゲーロスタイル
・ワールドスタイル
・パーティーダンス

 

といった種類もあります。

 

社交ダンスの種類は多岐にわたり、競技者の目的や嗜好によっていくつかのやり方を選択もできます。こうした幅広い社交ダンスであるが故に、ますます人気の高まりをみせているのでしょう。

 

社交ダンスの種類は多岐にわたって数多い

また社交ダンスは、競技ダンス以外にも、数多くの踊りがあります。その数も多岐にわたり、膨大な種類にもなっています。

 

ざっと挙げただけでも、

 

・マンボ
・ジルバ
・ブルース
・スクエアルンバ

 

・サルサ
・バチャータ
・メレンゲ
・アルゼンチンタンゴ
・ランバダ
・ミロンガ
・ガフィエイラ
・ヴァルツ
・ズーク

 

・ディスコフォックス
・クイックリズムダンス

 

・リンディーホップ
・ウエストコーストスウィング
・チャールストン
・ハッスル

 

これだけの種類のダンスがあります。
社交ダンスとしてカテゴライズされる踊りの種類は数多くあります。
それぞれの好みや嗜好によって、選択でもきます。
ですが、どの踊りにとっても共通した基本と技術があります。

 

⇒ 社交ダンスの基本ならこちらのレッスンDVDがおすすめです

 

社交ダンスが初めての方はまずは基礎をマスター

社交ダンスが初めての方、初心者は、まずは入門向けの指導を受けて、
基礎的なことを習得するのがおすすめです。

 

大変多いダンスの数ですが、基礎はほぼ同じです。
まずは社交ダンスに必要な基礎的な事項、踊り方等を習得し、
身につけていくことが大切です。

 

そうして基本的なスキルを体得した上で、好みの数多くのダンスを選択して
踊るようになると、上達も早くなるでしょう。

 

もっとも社交ダンスの楽しみ方は千差万別です。
十把一絡げにくくって「こういう練習をしなさい」というのもナンセンスです。

 

また忙しい現代ですので、社交ダンスも効率よく学ぶのが賢明な練習の仕方でもあります。
そういう意味において、下記のDVD教材は、初めて社交ダンスに取り組む方、
また上達で悩んでいる方にはオススメといえます。

 

 

社交ダンスの歴史〜庶民的なウィンナワルツがルーツ

ところでこのように数多くの種類がある社交ダンスですが、

その歴史については、意外とあまりよく知られていないところがあります。

 

社交ダンスは、元々、欧州における大衆の踊りでした。
ウィンナワルツが好まれて踊られていたといいます。

 

これは日本でいえば、念仏踊り、盆踊り、あるいは田楽や神楽といった
民衆的な踊りと同じような位置づけになります。

 

大衆的な舞踏が、社交ダンスのルーツということですね。これがやがて12世紀になってから、貴族の間に人気を博して流行します。

 

長い間、宮廷貴族の間でたしなまれた社交ダンス (ウィンナワルツ)はやがてカップルで踊る様式を生み出し、18世紀に入って、現在の社交ダンスの原型が出来上がったといいます。

 

宮廷貴族の間では、舞踏会が開催され、より洗練され品格を高め、芸術的な領域へと進化していきます。そのため、近代の社交ダンスは、当初の大衆的なワルツとは趣を変えて、貴族的かつアカデミズム的な「室内での舞踏」へと変貌していきます。

 

社交ダンスはこうした歴史を変遷したダンスですので、様式や格式、決まり事も多く、制約事項もあります。元々は庶民で踊っていたウィンナワルツだったのですが、次第に洗練されていったということになります。

 

とはいいましても、本来は娯楽目的で始まった大衆ダンスですね。
今では、社交ダンスといいますと「競技ダンス」を連想しがちですが、パーティで食べ物や飲み物を楽しみながら、ダンスを楽しむというのが、アメリカやヨーロッパではごく一般的なスタイルだったダンスですね。

 

競技ダンスでは、いくつかの種目が定められ、スポーツとして技術を競いますが、娯楽としての社交ダンスはそれほど細かいことを気にせずに、音楽に合わせて身体を動かして構わない「気軽な趣味」といった感じになります。

 

日本における社交ダンスの歴史と大衆への普及

日本においては、明治時代の鹿鳴館時代に、ヨーロッパの社交ダンスが輸入されています。

鹿鳴館では、上流階級のたしなみとして、贅を尽くした舞踏会が連日連夜繰り広げられ、華族の贅沢な饗宴でもありました。

 

日本では貴族的趣味かつ閉鎖社会において導入された社交ダンスですが、高度経済成長を経て、大衆も豊かになるに従って、社交ダンスが1970年代以降、庶民的なダンスの一つとして広がりを見せていきます。

 

そして映画の影響、また「ウリナリ芸能人社交ダンス部」というテレビ番組の影響があって、交ダンスは今や、日本でも大衆的な踊りかつ趣味として定着しています。
老若男女、誰でも楽しめダンス、それが社交ダンスです。

 

このように社交ダンスの歴史を振り返りますと、元々が大衆的なダンスでしたので、現在の日本での取り扱われ方は、本来の社交ダンスに先祖帰りしています。

ある意味、健全であり、本来のあり方であるのでしょう。

 

社交ダンスは、今後、ますますの広まりを見せることは間違いありませんね。
ダンスの技能、技術を磨くことは、一生の財産にもなり得ます。
ぜひあなたも、社交ダンスの技を磨いて、楽しみながら上達してみませんか?

 

当サイトでは、社交ダンスの基礎知識かた踊り方、上達法までを紹介しています。
社交ダンスは練習が大切ですが、我流や見よう見まねではなく、
正しい練習方法を進めることが上達のコツです。
当サイトがダンス愛好家の皆さんのお役に立つことを願っております。

 

 

◎社交ダンスが上手くなるおすすめのレッスンDVD
社交ダンスのリズム練習法〜誰でも踊れる基礎リズム編